FC2ブログ

プロフィール

けんじです。
スポーツ、特にサッカーが大好きです。 連絡先はackkopp★yahoo.co.jp までお願いします。
(★を@に変えてください。)

kenziq

Author:kenziq
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はイタリア代表のトッティについての記事です。

トッティといえばローマ、ローマといえばトッティですね。

イタリア代表のフォワードです。

彼の持ち味はドリブル、パス、シュート、どれをとってもかなり優れているところですね。

オールマイティです。

またドイツワールドカップでもPKから得点を決めましたね。


日本の中田英寿がローマにいるときはチームメイトでした。



トッティについて

イタリアのクラブチーム、ASローマとイタリア代表の司令塔。1992年シーズンにわずか16歳でローマのトップチームでデビューし、1995年にはレギュラーを確保。甘いマスクで、生粋のローマ育ちのロマニスタであることから、ファンからはジュセッペ・ジャンニーニに次ぐ「ローマの王子様(イル・プリンチペ)」と呼ばれ特別な存在となっている。20歳代前半にしてキャプテンとなりチームを牽引。当初はFWだったが司令塔にコンバートされてから才能が開花し、シュートを積極的に打つなど得点意識が非常に高い一方で、柔らかいタッチのパスを出せるようになり、万能型の世界的な選手へと成長した。セカンドトップもこなす事ができるが、現在の所は司令塔での起用が多くそれに見合った活躍を披露している。2006-2007シーズンではワントップ気味で起用されているがそこでもポストプレーを初めとする多くの役割を難なくこなしている。

クラブではもちろんのこと、イタリア代表でも背番号10番を背負う。そしてこのナンバーに強いこだわりをもっており、2002年ワールドカップではデル・ピエロに掛け合って背番号を譲ってもらうなどプライドが高い。イタリア代表でも高いパフォーマンスを発揮する一方で、チームが際立った結果を残せないため、ロベルト・バッジョを始めとするイタリア歴代の英雄と比べて並び称されないもどかしさも持っている。2002年ワールドカップの韓国戦ではシミュレーションをとられ退場(後にFIFAが誤審を認める)、EURO2004では、予選リーグ、デンマーク戦で相手選手の顔面に唾を吐いたシーンが映像に残ったため3試合出場停止処分を受け、それぞれイタリア敗退の原因を作った。

2006年は2月前半、好調のトッティは9連勝というクラブ新記録達成に貢献。しかし、10連勝をかけたエンボリ戦において、開始まもなくバックチャージをうけ転倒し、足に骨折、靭帯損傷と大怪我を負う。手術は上手くいったとはいえ、イタリア国民、そしてリッピ率いる代表もトッティのWカップ出場は不可能だろうと考えていた。しかしトッティはリハビリを続け、脅威の回復力を見せた。そして、セリエAの最終節のACミラン戦でピッチに復帰。みごとWカップ代表に選ばれ、オーストラリア戦では決勝のPK(後にFIFAが誤審を認め、ブラッター会長はオーストラリアに謝罪)を決め、本調子でないもののイタリアの優勝に貢献した。

スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。