FC2ブログ

プロフィール

けんじです。
スポーツ、特にサッカーが大好きです。 連絡先はackkopp★yahoo.co.jp までお願いします。
(★を@に変えてください。)

kenziq

Author:kenziq
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はイングランド代表のスティーブン・ジェラードについての記事です。

ジェラードといえばクラブチーム、リバプールのキャプテンですね。

2005年のトヨタカップで日本に来日しプレーしました。


彼の持ち味は強靭な肉体と、パス、そしてシュートでしょう。

2005年のトヨタカップで見せたボレーシュートはかなり強烈でした。

これからまだまだ伸びる選手で、将来イングランド代表の中心選手となるでしょう。


スティーブン・ジェラードについて

子供の頃からリヴァプールFCのアカデミー(下部組織)でその才能を磨き、1998年にトップチームデビューを飾る。デビュー当初は荒っぽい守備が目立ち、たびたびカードをもらっていたが、そのダイナミックな攻撃参加はリヴァプールの未来を感じさせた。

2003-2004シーズンにチームの大エース・オーウェンが移籍したが、ジェラードは記者会見で「私はこのクラブとサポーターを愛している。」と残留を明言。この言葉はオーウェンを失ったサポーターを大いに勇気づけた。翌年、キャプテンマークをサミ・ヒーピアから受け継ぎ、名実ともにチームの顔となる。

そのジェラードの存在感が発揮されたのは翌年のUEFAチャンピオンズリーグである。リーグ戦で低迷するチームを鼓舞しながら、自らはオリンピアコス戦を始めとする劇的なスーパーゴールを連発し、リヴァプールの上位進出の原動力となる。決勝となったACミラン戦では3-0のビハインドを覆し、リヴァプールの21年ぶりとなるCL優勝に大きく貢献する。(この決勝戦のことはイスタンブールの奇跡と呼ばれる)。また、シーズン終了時に同じプレミアリーグのチェルシーの移籍がほぼ決定していたらしいが、チームがCL優勝を決めたことでジェラードは残留を決めた。

2005年、12月にはFIFAクラブワールドカップでヨーロッパ代表として来日。リヴァプールは準優勝に終わったが、テレビの宣伝などで日本での知名度は一気に上がった。

イングランド代表でも不可欠な選手とされており、2006年のドイツ・ワールドカップで2得点をあげる活躍をしたことから、本人も望むイングランド代表の次期キャプテンはジェラードで決まりだと噂されていたが、デヴィッド・ベッカムからキャプテンマークを引き継いだのはライバルチーム・チェルシーのキャプテン、ジョン・テリーだった。

2000年代のリヴァプールの象徴であり魂がある選手で、100年を超すリヴァプールの歴史を通しても、サポーターからはケニー・ダルグリッシュに次ぐ最高殊勲選手と目されている。

スポンサーサイト
昨日のトッティに続き同じイタリア人である、デルピエーロについて書きます。

デルピエーロといえばユベントスですね。

またイタリア代表のフォワードでもあります。

昨年のドイツワールドカップでも得点を決めましたね。

彼も歴史に残るサッカー選手となるでしょう。



デルピエーロについて

1991年にセリエB(当時)のパドバでキャリアをスタート。1993年からセリエAのユヴェントス(2006-2007シーズン現在セリエB)に所属し、ミシェル・プラティニやロベルト・バッジョといった名選手たちが背負ったユベントスの背番号「10」を若くして引き継いだ。

靭帯断裂などの負傷とスランプに度々悩まされるがその度にこれを克服し、センセーショナルな復活劇を見せて観客を魅了する、華のある選手である。ユヴェントスでは1995-96シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ制覇のほか、2004年までに5度のスクデット獲得を経験している。(2004-2005、2005-2006は没収されている。)

2006年1月10日に行われたコッパ・イタリアの対フィオレンティーナ戦でハットトリックをマーク。これがユヴェントスでの185得点目となり、ジャンピエロ・ボニペルティの持つクラブ歴代最多得点記録を塗り替えた。

イタリア代表デビューは1995年3月25日のエストニア戦。FIFAワールドカップには1998年、2002年、2006年と3大会連続で出場している。不調に苦しむ間にフランチェスコ・トッティの台頭もあり、2000年代からは背番号「10」をトッティに譲っているものの、今も「アズーリ」に欠かせない選手のひとりである。

2006年のドイツ大会ではフォワードのバックアッパーとしてメンバーに名を連ねる。準決勝のドイツ戦では延長戦から途中出場し、アルベルト・ジラルディーノからのパスを受け、十八番「デル・ピエロ・ゾーン」から2点目となるダメ押しゴールを奪った。
今日はイタリア代表のトッティについての記事です。

トッティといえばローマ、ローマといえばトッティですね。

イタリア代表のフォワードです。

彼の持ち味はドリブル、パス、シュート、どれをとってもかなり優れているところですね。

オールマイティです。

またドイツワールドカップでもPKから得点を決めましたね。


日本の中田英寿がローマにいるときはチームメイトでした。



トッティについて

イタリアのクラブチーム、ASローマとイタリア代表の司令塔。1992年シーズンにわずか16歳でローマのトップチームでデビューし、1995年にはレギュラーを確保。甘いマスクで、生粋のローマ育ちのロマニスタであることから、ファンからはジュセッペ・ジャンニーニに次ぐ「ローマの王子様(イル・プリンチペ)」と呼ばれ特別な存在となっている。20歳代前半にしてキャプテンとなりチームを牽引。当初はFWだったが司令塔にコンバートされてから才能が開花し、シュートを積極的に打つなど得点意識が非常に高い一方で、柔らかいタッチのパスを出せるようになり、万能型の世界的な選手へと成長した。セカンドトップもこなす事ができるが、現在の所は司令塔での起用が多くそれに見合った活躍を披露している。2006-2007シーズンではワントップ気味で起用されているがそこでもポストプレーを初めとする多くの役割を難なくこなしている。

クラブではもちろんのこと、イタリア代表でも背番号10番を背負う。そしてこのナンバーに強いこだわりをもっており、2002年ワールドカップではデル・ピエロに掛け合って背番号を譲ってもらうなどプライドが高い。イタリア代表でも高いパフォーマンスを発揮する一方で、チームが際立った結果を残せないため、ロベルト・バッジョを始めとするイタリア歴代の英雄と比べて並び称されないもどかしさも持っている。2002年ワールドカップの韓国戦ではシミュレーションをとられ退場(後にFIFAが誤審を認める)、EURO2004では、予選リーグ、デンマーク戦で相手選手の顔面に唾を吐いたシーンが映像に残ったため3試合出場停止処分を受け、それぞれイタリア敗退の原因を作った。

2006年は2月前半、好調のトッティは9連勝というクラブ新記録達成に貢献。しかし、10連勝をかけたエンボリ戦において、開始まもなくバックチャージをうけ転倒し、足に骨折、靭帯損傷と大怪我を負う。手術は上手くいったとはいえ、イタリア国民、そしてリッピ率いる代表もトッティのWカップ出場は不可能だろうと考えていた。しかしトッティはリハビリを続け、脅威の回復力を見せた。そして、セリエAの最終節のACミラン戦でピッチに復帰。みごとWカップ代表に選ばれ、オーストラリア戦では決勝のPK(後にFIFAが誤審を認め、ブラッター会長はオーストラリアに謝罪)を決め、本調子でないもののイタリアの優勝に貢献した。

今日はスペインの若手、フェルナンド・トーレスについて書きます。

フェルナンド・トーレスといえば、スペイン代表のフォワードですね。

若干22歳ですが、かなり素質を持った素晴らしい選手です。

昨年のドイツワールドカップでも得点を決めましたね。

クラブチームはアトレティコマドリードに所属しており、現在はキャプテンも勤めています。

今後かなり注目の選手ですね。


フェルナンドトーレスについて

フェルナンド・ホセ・トーレス・サンス(Fernando José Torres Sanz, 1984年3月20日 - )は、スペインのマドリード出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラのアトレティコ・マドリードに所属するスペイン代表である。ポジションはFW(ストライカー)。カルロス・アギレラの引退に伴い、主将を譲り受けた。

トップチームの試合に初出場で初得点を決めるなど早くから注目を集め、U-16欧州選手権とU-19欧州選手権ではそれぞれ得点王と最優秀選手に輝き、優勝に大きく貢献した。

スペイン代表のルイス・アラゴネス監督とは、彼がアトレティコ・マドリードの監督だった時からの師弟関係にある。アルベルト・ルケやダビド・ビジャが好調でフェルナンド・トーレスが不調な時でも、スペイン代表のCFはフェルナンド・トーレスの定位置である。

端正なルックスで女性に人気がある。

今日はかの有名なジダンについての記事です。


ジネディーヌ・ジダン。。。

誰もが聞いたことのある名前じゃないでしょうか。

現在のサッカー選手の中でもっとも偉大なプレイヤーの一人ですね。


彼の持ち味はもうオールマイティに素晴らしいところですね。

強いていうなら少しスピードが足らないかなというくらいです。

彼のサッカーはまさに芸術です。

美しい。とにかく素晴らしいです。

マルセイユルーレットとかよくやりますね。

昨年のドイツワールドカップのフランス代表のキャプテンでした。

そのワールドカップを最後に現役を引退したのですが、ジダンも

間違いなく歴史に残るサッカー選手です。



ジダンについて

ジネディーヌ・ジダン (Zinedine Yazid Zidane, 1972年6月23日 - )は、フランス国籍の元サッカー選手。2006年7月9日のドイツW杯決勝(対イタリア戦)が現役最後の試合になった。

アルジェリア移民の二世で、マルセイユ北部郊外のラ・カステラン地区の貧困な団地で育った。ポジションは攻撃的ミッドフィールダー(トップ下)。愛称「ジズー」「将軍」(同じフランスのミシェル・プラティニもかつて将軍と呼ばれており、初期の愛称は「プラティニ2世」)。なお一部の雑誌などでは、より原音に近い「ジダヌ」という表記がなされることもある。




 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。